toggle
2016-01-06

トレチノインの使い方 ◆まとめ 

LINEで送る
Pocket

●トレチノインの使い方についてはこちらをご覧下さい。
●過去の記録に関してはこちらをご覧下さい。

トレチノイン・ハイドロキノン使用記録

ちなみに、顔にはトレチノイン0.025%、身体には4%を使用しました。
ハイドロキノンはどちらにも4%です。

トレチノイン ネオケア ハイドロキノン トレチノイン 0.025%

こんなに使いました。とくにハイドロキノンは沢山使ってます。

肘と膝のトレチノイン治療

  • 使用薬剤:ネオケア(トレチノイン4%)とハイドロキノン4%
  • 目的:くすみ・色素沈着の改善
  • 使用期間:2015年11月5日-2016年1月5日
  • 終了日開始日より三ヶ月後予定←当初の予定では3ヶ月続けるつもりでしたが2ヶ月で終了です。
●過去の記録に関してはこちらをご覧下さい。

【まとめ】
肘と膝は炎症がおきるまでかなり時間かかりました。ネオケア4%を使っても2週間はむけませんでした。3週目から5週目にかけて赤みがでて剥けてきたと思います。ただ、良く言われるほどかゆくて我慢するのが大変ということもなく・・・。赤みがでてヒリヒリする日はハイドロキノンのみ、炎症が収まってるようだとネオケアを使うような日によって状態を確かめながら治療しました。

結果的には、黒ずみがかなり取れたと思います。肘の黒ずみが気になって恥ずかしかったのですがきになる黒ずみはなくなり、膝も薄ら茶色かったのがかなり改善しました。また角質が固かったのですが柔らかくなりました。
肘と膝って年齢が出やすい部分なので、ここの角質改善が出来た事は良かったです。が、肘と膝のケアの場合、必ずしもトレチノインでなくてもいいかなと思いました。ピーリングケアで十分かも。大きなシミがあるわけでもないですし・・。それよりも、よく使う関節部なので、ヒリヒリしてる間はヨガがしずらかったりして日常生活で結構気を使いました。

顔のトレチノイン治療

  • 使用薬剤:トレチノイン0.025%とハイドロキノン4%
  • 目的:鼻の毛穴の改善・顎周りのにきび跡の改善・ほほの薄いシミ
  • 使用期間:2015年11月13日-夏まで
  • 終了日開始日より三ヶ月後予定←当初の予定では3ヶ月続けるつもりでしたが今後も続ける予定です。
●過去の記録に関してはこちらをご覧下さい。

【まとめ】
顔は0.025%のトレチノインでもすぐに反応がありました。使った2日目には反応がありました。顔の皮が消しゴムのかすのように剥けていくのですが、濃度が低い薬剤を使ったからか顔が真っ赤になって困る事は無かったです。また、私の場合は薄いシミや角質改善の為に使っていたので、ちょっと顔が赤くなったら使用を中止してハイドロキノンだけにしたり、毎日塗ったり塗らなかったりを繰り返しました。
毛穴はそこそこ改善したのと顔全体のくすみや薄いシミはすこしづつ取れていると思います。ただ、薄い濃度で小さな炎症を起こしているので、劇的な変化ではないかな。ひさしぶりに会った友達には、「最近ピーリングした?」って聞かれました。肌がつるんとしていたんだと思います。
三ヶ月で終了するつもりでしたが、日差しが強くなる時期まで毎日状態を確かめながら気長に美肌ケアをしていきたいと思います。

トレチノインケアは皆にオススメかと言われると、使い方が難しく場合によっては余計に酷くなる事があるので、毎日続けてケアする時間のない方には取り扱いが難しいと思います。そのかわり本気でキチンと治療していきたい方には必ず効果が出るのでオススメです。最初はお医者さんと相談しながら自分の肌にあった使い方を見つけてください。

●トレチノインの使い方についてはこちらをご覧下さい。
●過去の記録に関してはこちらをご覧下さい。
LINEで送る
Pocket

関連記事